ブログ

クリスマス・イブの客

クリスマス・イブの客
イブに陶芸体験したいというカップルに付きあいました。
いったいどんな動機なのか知りたかったので、開講日ではないけれど断りませんでした。
22歳と20歳のふたり。
男の子はライブをやったりしてるミュージシャン志望(かな?)の若者。
女の子は礼儀正しく、上品な御嬢さん。

「今年のイブは、ふつうじゃないことをして過ごしたいね」と
話したのが始まりだそうだ。
イルミネーションのあるところとか、そういうのじゃないところ・・・。
「陶芸がいいね」ということで、すぐに話がまとまった。
彼女がずっと前にご家族と陶芸体験したのが
楽しい記憶になっていたらしい。

ネットで、教室探しを始めた。
僕の教室にした決め手は、「教室のHPのイラストがかわいかったので」
とのこと。
オレのイラストやんか!

(ちなみに同じイラストで、電柱広告を近所に数本出しています
 ⇒こんなの)
当初、ロクロ体験したいということだったけど、メールで話してみて
「湯飲みのようなもの」ではなくて、なにかちゃんとしたものを作りたそう。
ロクロにするか、手びねりにするかは、当日までに考えておいてもらうことにした。

教室に来ても迷っていたようだが、
両方の体験の作例がちょうど焼きあがっていたので
見せたら、手びねりに決まった。

2時間半の予定が、延びにのびて4時間半。
途中からは、これも縁だから付き合ってやっか!という気分。
最後は男の子が高台脇をけずりすぎて、内側にぽこんと飛び出したりしたが、
まぁいいかと、そのまま完成。
女の子のは、いい感じにできあがった。

最後は声をそろえて、「すっごく面白かったです!!」
近所にご飯を食べに行くというので、
まぁまぁ美味しいお店を教えてあげた。

メリークリスマス!
ちょっと早いけど、良いお年を!

なんて送り出した、今年のイブでした。
こんなイブも、たまにはいいものだ。



Comments are closed.

page top
カレンダー
2017年6月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
検索
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント

著書一覧
copyright(c) hayashi yasuhiko.com
contact