ブログ

体験レッスンの作品、できました!

「体験レッスン」で作ったやきものを、4人の若い人たちが引き取りに来てくれた。
女性4人男性3人で受講してくれて、今日は4人で来訪。
ちょうど、その時間は会員の出席がなく、二階の書斎で調べ物をしていた。
階下から賑やかな声が響いてきた。

今日は欠席だったが、僕が「3丁目の夕日」と呼んでいる彼のロクロには驚いた。
(声が主演の吉岡クンそっくりなのだ)
初挑戦でいきなり、そこそこの湯飲みを挽きあげてしまった。

時間があまった女性がつくった、仰向けになった犬の箸置き(?)も
楽しい。
みんな素直で明るい若者たちだ。

写真は、テーブルを傷つけないよう、高台をスベスベにしているところ。
「ホームページに載せたら問題ある人!」と聞いたら
「大丈夫です!」とみんな答えたので、載せます。

犬の写真も撮っておけばよかった。

「楽しかったです!」の声を残して帰って行った。
僕も楽しかった、ありがとう。

記事提供:津田沼陶芸教室



ご飯茶碗のギフト

結婚式に、お茶碗をご両親にプレゼントするのが流行っているようです。
あるいは、「還暦を迎えた母にプレゼントしたい」というような申し込みが
このところ増えています。

教室に、そんなメールや電話が入り始めた当初は、
正直言って戸惑いました。

素人がつくったお茶碗で、おいしくご飯がいただけるだろうか?
手にとって使う食器には、熟練した技が必要です。
和食器が世界一と言われる理由は、私たち日本人が食器を手に持って
食事する習慣のせいです。
大きさだけでなく、重さ、バランス、口当たりなど
隅々まで注意を行き渡らせなくてはなりません。

じっさいにアドバイスしながら作ってみて、いろんなことに気付きました。
手順をきちんと守ってもらえば、そこそこのレベルのものができること。

そしてもうひとつ。
プレゼントするのは、器という形をした「気持ち」と「時間」であること。
ありがとうの気持を、形あるものにして渡したいと願う。
大切な人のことを想いながら、お茶碗を作る時間。

そのふたつを、相手に手渡したいのです。
そのことに気付いてから、戸惑いはなくなりました。

指の跡が多少残っても、それはその人にしか残せないサインです。
たとえ少しゆがんでいても、
それは渡したときの会話を弾ませてくれるでしょう。

お茶碗という形になった「気持ちと時間」をプレゼントしてください。
受け取った方に喜んでいただけるよう、しっかりアドバイスします。

写真は、Y.Aさんがお母さんにプレゼントしたお茶碗。

記事提供:津田沼陶芸教室



隣りは、またもや林真理子さん

文庫の探し物をするため、さっき駅前の書店に行った。
新潮文庫だと思い込んでいたら文庫目録に載っていない。
文春文庫だったか?と思って、目録をめくっていたら僕の名前が載っていた。
思いがけなかった。
「週末陶芸のすすめ」は「文春文庫プラス」から出たから、
文春文庫目録には載っていないと思っていた。
うれしくなって(笑わば笑え!)書店の人に、目録をもらえないかと尋ねてみた。
在庫がないそうで、ざんねん!

著者の名が並んだ「は」のページ。僕のすぐ下に林真理子さん。
またかよ・・・。
以前、東京コピーライターズクラブの会員だったとき、
やはり林真理子さんの名が僕の下にあった。
席が隣りどうしだったのは、3年ほどだったと記憶している。

僕が最初に書いた本に・・・。
学生服を着た僕と、セーラー服の真理子さんが並んで座っているイラストを描いて、
「隣りどうしだったが、手も触れない清らかな関係だった」と、ト書きを入れたことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林寧彦が主宰する津田沼陶芸教室



ミス・インターナショナル、吉松さんおめでとうございます!

ミス・インターナショナルの歴史60年で、初めて日本女性が一位の栄冠に輝きました。
吉松育美さん。
じつは、彼女とは3年前にお会いしました。
僕が所属する「新橋トーストマスターズ・クラブ」というコミュニケーションとスピーチを学ぶサークルに彼女が見学に来て、入会してくれました。


(すみません、間にいるOさん、ぼかしちゃって!)

スピーチでは、「ミス・インターナショナルの日本代表をめざしています」
と言い切りました。

たしかに美女には違いないのですが、高校時代に陸上部で県大会で優勝したというように
体育会系の凛々しさのほうが、むしろ優っているように思えました。

あれから3年。
3年のあいだ、彼女は夢を持ち続けていた。そしてキチンと夢にはしごをかけるための目標を設定して、
それをクリアしていった。3年という歳月は、そこに届くんですね。

僕は自分の体験から「3年あれば丸ごと変わる」と言ってきました。
自分でもついていけないくらい自分が変わってゆくのを実感した経験があります。
「オレって、3年前とは別人じゃん」と自分で驚きました。42歳の時でした。

その何百倍かを吉松さんは走ったに違いありません。
ブログを読むと、いかに自分を律してきたか、25歳とは思えない精進ぶりです。

「ミス達は容姿端麗はあたりまえ、差がつくのはスピーチです」と彼女はインタビューで話したそうです。
賢い人だと思います。

彼女の前にこれから用意される舞台で、さらに大きく羽ばたく準備はできていると思います。
女優さんとしては陰影がなさすぎるかもしれないけれど、
しばらくは忙殺されると思いますが、
文章もいいから、書いてお喋りもできるタレント(ほんとうの意味の)に育つのではないでしょうか。



韓国版「歴史を動かしたプレゼン」、出版されました。

前回お知らせした韓国版「歴史を動かしたプレゼン」、
9月12日に出版されました。

日中関係ほどではないにしろ、日韓の間でも領土問題が浮上した時期に当たりました。

送られてきた新刊本を手にして、新刊本の時にはいつもするように
本の匂いを嗅いでみました。好きなんだなぁ、この瞬間が。
インクと糊の匂いは、万国共通だった。

PDFをプリントして本に巻いたものと違って、じっさいの本は彼の地で出版されたことを実感させてくれる。
表紙のデザインがとても新しい感覚で知的な印象。、日本ではあまり見かけない装丁だ。
鮮烈な赤は鷹の爪(唐辛子)。花瓶に生けたくなるようなたくさんのサヤをつけた姿が好きだ。

でも、本のタイトルすら、右から読むのか左から読むのか定かではなく、
ページをめくってもまったく意味が取れない。

しかたなく本を弄んでいるうちに、妙なことに気がついた。
PDFで送られてきた表紙デザインと、じっさいの本の表紙が違っている。
本では地球の上に積まれた書物の上に、ギリシャかローマ人の彫像が載っている。

ところが、PDFで送られてきたデザインプランは、別の人物だった。

町人のマゲを結って、和服、手には尺八、後ろ姿は小太り・・・・
これは本に登場する大黒屋光太夫に間違いありません。

ロシアを訪問した冒険家がスケッチした光太夫の横顔は見たことがありますが、
後ろ姿は初めて見ます。
デザイナーが資料とにらめっこしながらイメージをふくらませて、
後ろ姿を描きあげてくれたのでしょう。

それが、ギリシャかローマ人の彫像に変わった。
理由は、おそらくこういうことでしょう。
原案のままでは、地球の上に君臨する日本人のような印象を与える。
そう取られたら時節柄マズイだろう。
ということで、急きょ、あの彫像に差し替えられた、ということでしょう。

著者の知らないところでの出来事ですが、光太夫のデザインはとても良くて、
どんなことがあろうと帰国できそうな強運の持ち主の後ろ姿に描かれています。
イラストは、「知力にあふれた光太夫の不屈の旅」を表現するのにふさわしいものです。

描いたイラストレーターは、残念だったことでしょう。
新しい彫像の足が、きちんと書物に乗っていないのも、
もしかしたら彼の意地なのかな、と思っています。

領土問題の波は、僕の小さな本の足元までも押し寄せて、表紙を濡らしました。



「歴史を動かしたプレゼン(新潮新書)」の韓国版が出ます!


一昨年に出版した「歴史を動かしたプレゼン(新潮新書)」の韓国版が出ることになりました。

ハングルに翻訳されて韓国の出版社から出ます。
昨日、表紙のプランがPDFで送られてきたので、カラーコピーして別の本に巻きつけてみた。

パソコンの画面で見るのとは違って、重さも感じられて(こういう感覚って大切)、
ほんとうにあの国の書店に並ぶんだと実感できた。

韓国には3回行ったことがあります。
最後に行ったのは1999年。日本のテーマパークの広告を企画して、
コンピュータ・グラフィックを韓国スタッフと協力して仕上げました。
仕事の質の高さと、連続する徹夜仕事も当然のように行なう彼らの頑張りに感動を覚えた。

仕事がオフの日ができて、僕はタクシーを半日チャーターして、利川(イチョン)にある海剛陶磁美術館に足を運んだ。
海剛氏は高麗青磁の再現に力を尽くした人物(故人)で、敷地には美術館、陶磁研究所、私邸などがあった。
訪れたとき、訪問客は少なく、庭を歩いているうちに工房の入口まで来てしまった。
中では二人の男性が象嵌を削り出していた。若者の方は、海剛氏のお孫さんだろうか。

なにか話したかったが、韓国の言葉は話せない。
僕は近くの椅子に腰を下ろして、削り用のカンナを動かす二人の手元を見ていた。
僕がそこにいることを訝るでもなく、ひたすらに手を動かしていた。
午後の工房には静かな時間が流れていた。

帰りに運転手さんに「食事にしましょうか」と声をかけながら、
ジェスチャーで左手をお茶碗の形にして、右手の人差し指と中指で箸の形を作って
口に運ぶようにした。
運転手さんはニッコリ笑って、右手でグーを作ると口のそばに持ってゆく動作をした。
スプーンを使っているのだ。

日本と韓国、顔はお互い区別がつかないほど似ているのに、「食べる」という生きるための基本動作が違うことに気がついた。
一週間ほどの滞在で、韓国のことが大好きになっていたが、突き放されたような気がした。
安易に韓国のことを分かったつもりになってはいけないのだ。

新しい本が、新しい人と、いい出会いをしてくれることを祈ります。
発売の詳しい日にちは聞いていませんが、おそらく10月になるでしょう。



会員が脳梗塞。そのとき陶芸をしていて良かった!

会員が脳梗塞。そのとき陶芸をしていて良かった!

僕が開いている陶芸教室で、先週会員の一人からこんな話を聞いた。
「じつは、先週教室に来て、その翌日に人間ドックを受けたんです」
そう切り出した彼、60代前半の会員は、話を続けた。

その人間ドッグで脳梗塞が見つかり、すぐに5日間の検査入院をすることになった。
担当医が驚いたそうだ。
「脳梗塞の状態から考えると、手がもっと動かなくなっても不思議ではない状態なのに・・・」
ちゃんと手が動くことを不思議がられたという。
脳梗塞が起きたのは前日と考えられたため、「昨日、手を動かす仕事をなにかされていましたか?」
と担当医は尋ねた。
「陶芸をやっていました」と答えると、「それが良かったんでしょうね」と言われたという。

じつはその当日、彼が釉薬を掛けようとしたときにちょっとした「出来事」があった。
流し掛けした釉薬がボウルを外れて、流しに流れてしまった。
「手が回らないんですよ」
そういう彼に、「へんな言い訳するか!」と言いたいところを飲み込んだ。
不機嫌な顔はしていたと思う。
言い訳ではなくて、ほんとうに手が回らなかったのだ。

それにしても、僕の知らないうちに他人の役に立てたようで、
教室を始めて良かったと思えることがまたひとつ増えた。

「でも手の動きは鈍いし、特に右手は無理に力を入れると、一瞬、指が固まります」
彼は手を見せながらそう言った。べつだん動かしにくそうには、僕には見えなかった。

薬で血栓はなくなり、カテーテルなどの施術は不要だったとのこと。
「担当医の話では、日常生活には支障ないとの事です。
面倒な生徒だと思いますが、リハビリのためにもこれからよろしくお願いします」
彼はややあらたまってそう言ってくれた。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。



ワークショップ、直前(明日です!)になりましたがご案内です!
トーストマスターズクラブのDistrict76(全国大会)で、ワークショップを担当します。
講演形式のワークショップです。
演題は「プレゼン:人を動かすコミュニケーション技術」
日時:5月26日(土)11:15~11:55AM
会場:クロス・ウェーブ幕張302号室
   千葉市美浜区中瀬1-3
詳しくはこちらまで⇒http://icfcctmc.web.fc2.com/


クリスマス・イブの客

クリスマス・イブの客
イブに陶芸体験したいというカップルに付きあいました。
いったいどんな動機なのか知りたかったので、開講日ではないけれど断りませんでした。
22歳と20歳のふたり。
男の子はライブをやったりしてるミュージシャン志望(かな?)の若者。
女の子は礼儀正しく、上品な御嬢さん。

「今年のイブは、ふつうじゃないことをして過ごしたいね」と
話したのが始まりだそうだ。
イルミネーションのあるところとか、そういうのじゃないところ・・・。
「陶芸がいいね」ということで、すぐに話がまとまった。
彼女がずっと前にご家族と陶芸体験したのが
楽しい記憶になっていたらしい。

ネットで、教室探しを始めた。
僕の教室にした決め手は、「教室のHPのイラストがかわいかったので」
とのこと。
オレのイラストやんか!

(ちなみに同じイラストで、電柱広告を近所に数本出しています
 ⇒こんなの)
当初、ロクロ体験したいということだったけど、メールで話してみて
「湯飲みのようなもの」ではなくて、なにかちゃんとしたものを作りたそう。
ロクロにするか、手びねりにするかは、当日までに考えておいてもらうことにした。

教室に来ても迷っていたようだが、
両方の体験の作例がちょうど焼きあがっていたので
見せたら、手びねりに決まった。

2時間半の予定が、延びにのびて4時間半。
途中からは、これも縁だから付き合ってやっか!という気分。
最後は男の子が高台脇をけずりすぎて、内側にぽこんと飛び出したりしたが、
まぁいいかと、そのまま完成。
女の子のは、いい感じにできあがった。

最後は声をそろえて、「すっごく面白かったです!!」
近所にご飯を食べに行くというので、
まぁまぁ美味しいお店を教えてあげた。

メリークリスマス!
ちょっと早いけど、良いお年を!

なんて送り出した、今年のイブでした。
こんなイブも、たまにはいいものだ。



ベランダの四季 5

すっかり更新が止まってしまった「ベランダの四季」ですが、
3か月分を載せます。

………………………………………………………………………………………………………………..

【10月】

ススキ
伊豆の山で見つけて、穂が美しかったので掘って持ち帰ったのは
そうか、あれは20世紀のことになるのだ。
毎年10月には、穂が穏やかな光を受けて、風になびいたりして楽しませてくれる。
11月、12月のススキも、それぞれに風情があって良い。

あ、一月の雪をかぶった穂もいいです。

………………………………………………………………………………..

パッションフルーツ
果実がしだいに大きくなってきた。
霜が降りるまでは外に出しておきたい。
すこし紫に色づいてから収穫。そして追熟させる予定。

………………………………………………………………………………


だんだんいい色になってきた。
花はかなりの数咲いたが、けっきょく残った実は3個。
肥料を多めにやったおかげで、3個はこれまでで最多である。
………………………………………………………………………………………………………………………..

【11月】


パッションフルーツ
なかなか色づいてくれず、やきもきしたが、
このところ少しだけ紫っぽくなってきた。
収穫はもう少し先。
南の植物だから、霜が気になる。

………………………………………………………………..

イチョウ(公孫樹)
永平寺に一日修行(禅の体験)に行ったとき、
境内に落ちていた銀杏を拾ってきて鉢に植えた。
今年は気温が下がらなかったせいか、紅葉は期待外れだった。

………………………………………………………………………………….

山桜
伊豆の山から(なんだか盗んできたように聞こえるので、いちおう
断っておくと、自分の所有地です。狭いですが)掘ってきた。
30センチほどだったのが、こんなに育って、三年前からは花も付けるようになった。
秋に色づく葉も好きだ。

…………………………………………………………………………

富有柿(ふゆうがき)
いい色になってきた。
12月まで取らないでいたら、一個が熟して落ちた。
残った二個を収穫して、熟し切った実をおいしくいただいた。

……………………………………………………………………………………………………………………….

【12月】


ツワブキ
屋久島でもらってきたのが、ふた鉢に増えた。
娘が11歳の春休みに、二人旅した。雨に降りこめられて
縄文杉は見られなかった。クルマで近くまで行ける弥生杉は見ることができた。
雨のおかげで、たくさん話ができた。
民宿で食べたトビウオの刺身の味は、いまだに思い出す。

…………………………………………………………………………………

楓(かえで)
日本橋三越で開かれた日本伝統工芸展の立会当番をしたときに、
屋上の植木売場(ほかにふさわしい名前があったような気がするが)で
気に入って買い求めた。
古き良き百貨店の空気が残っているような、あの屋上が好きだ。

……………………………………………………………………………….

島らっきょう
沖縄物産展をやっていたので、根付きのものを買ってきた。
酒の肴にするつもりだったが、一部をプランターに植えた。
食べきれずにどんどん増えて、大きなプランターが二つになった。
一株抜いて、球根をバラバラにして、一個を植え戻す。
残りは晩酌の友。酢味噌をつけると、シャキッと美味い!

…………………………………………………………………………………..

パッションフルーツ
池に氷が張った翌日、ぜんぶ収穫した。
まだ青いのも多かったが、枝を切り戻して室内に入れてやらないと枯れてしまう。
32個が採れました!
追熟させて、皮がしわしわになったら、食べごろ。
それまで楽しみに待つことにしよう。

鉢は室内に入れてやった。



page top
カレンダー
2017年3月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
検索
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー

著書一覧
copyright(c) hayashi yasuhiko.com
contact