教室ブログ

釉薬のテストピース・ボード完成

開講して2ヵ月。
12月からスタートの予約組を加えると、15人の会員が教室に参加してくれています。

教室で使う釉薬のテストピースがやっと焼きあがった。

ベニヤの板に銅釘を打って、テストピースを掛けた。
25種類ほどが自前の釉薬で、4種類が購入したもの。

それにしても様々な釉薬を作ってきたものだと、自分でもあきれる。
教室を始めるために新しく作った釉薬はゼロ。
25種類の釉薬は、ただただ面白くて自分で調合したもの。
自分で調合するようになって15年ほどの間に作ったもので、
いちおう自分で納得できて残したのが25種類。

桜の木をメインに、自分で焼いて精製した灰(ひと冬かかった)で作った
思い出深い「熱海土灰釉」もある。釉溜まりが涼やかだ。

下は、白化粧のテストピース。

4種類の白化粧を、粘土別、焼き方別に掲示。
御本手の出やすいもの、出ないものの別が分かりやすくなった。

これらが教室のコンクリート壁に掛かれば、
やっと教室らしくなるだろう。

「この釉薬は、どんなふうに焼きあがるんですか?」
という質問に
「黒なんだけど、漆のように黒くて、底なしの黒!」
などと答えていたけど、見本ができて一目瞭然。

焼き上がりの色とマチエールを言葉で説明するのも嫌いではなかった。
言葉どおりなら、えも言われぬ美しさに焼きあがる期待がふくらんだろうに、
テストピースができて、それがちょっと残念でもある。



Comments are closed.

page top
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
検索
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
copyright(c) hayashi yasuhiko.com
contact