教室ブログ

プレゼン研究室 月別アーカイブ: 【8月 2010】

内装外装、ほぼ完成

 教室の外装と内装が、ほぼ完成した。あとは、正面奥に本棚が付けば、できあがり。
設計施工をお願いした「AI空間デザイン室」の井上さんにはお世話になった。
「料理教室のような陶芸教室をつくりたい」という、自分でも何を言っているのかよくわからないような提案に耳をかたむけてくれた。そしてさまざまなプロセスで、果敢に挑戦してくれた。
たとえば、このドア。

粘土や、釉薬材料、土練機、電気炉などを収納しているバックヤードの入り口で、大きな開口部が必要だった。
ドアのでかさを感じさせない、赤と白のツートンでオシャレだ。

たとえば、2階の展示台。

もともと1階にあった鉄の台で、石材コウバだったときには石の在庫を載せておく台だったようだ。

溶接のバーナーで切って2階にあげて、ふたたび接合した。さびだらけの台が、真っ白な展示台に生まれ変わった。

さらにたとえば、大理石の板。
元石材コウバだったために、厚さ5センチ、幅70センチ、長さ1.5メーターほどの大理石の板が10数枚あった。捨てるのはもったいないし、かといって場所をとるだけで困っていた。これらは2階の僕の工房で、作品類を置く台として所を得た。

井上さんのフルネームは、井上アンドレさんで、お母さんがドイツの人だ。彼に頼むことになったいきさつや、初対面の印象などについては「つくる陶磁郎49号」に少し書いた。
まだ30代の半ばだろうか。大きな舞台が与えられれば大きな仕事ができる人、というのが僕の印象だ。そして彼のスタッフは、なんだか楽しそうに仕事をする。彼らの仕事ぶりを、少し離れたところからぼーっと見ているのが好きだった。

去年の秋からの付き合いだが、施主(僕)を一度も不安にすることがなかった。
それだけでも、大したものである。



page top
カレンダー
2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
検索
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
copyright(c) hayashi yasuhiko.com
contact