教室ブログ

プレゼン研究室 月別アーカイブ: 【6月 2010】

外観がそれらしくなってきた!

白と紺。教室のイメージは、船。

日常をちょっと離れてすごす豊かな時間をイメージしてみました。
なぁんて言ったら、気取りすぎですね。

でも、だんだんといい感じに仕上がってきました。
白と黒、白と赤、真っ黒・・・・・などと建物の色に関しては
コロコロ変わったけれど、白+紺は正解でした。

サントリーの缶コーヒー、BOSSのベンダーの紺色が気に入って、
サントリーの広報部まで電話を入れて、
「DICKの色番号では何に近いんですか?」
などとたずねたのも、今はなつかしい。
どうも企業秘密のようではあったけれど、社内をいろいろ聞いて回ってくれたようで
性格の良さそうな女性だった。

壁に教室の名前も・・・・・・。

今日は、神社の森の枝を払いに造園業者の人たちが来てくれた。
あまりにもうっそうとして、建物に枝が当たるようになったので
市のほうに申し入れをして、今日の枝払いとなった。

なにしろ、屋根のトイに落葉がたまって雨があふれたり、
あげくのはてには、トイの腐葉土に松の木が生えて、
40センチほどに育ってしまったのだ。

せっかくがんばってきた松の幼木なので、鉢に植えてようすを見ているところ。
近いうちに神社の土に下ろしてやろう。



天井にエアコンが! おお、あれはなんだ!

梅雨に入って、外装のペンキ塗装がしばらく中断していたが、晴れ間をねらって作業が続いている。

先日、吹き抜けの天井部分に大きなエアコンが付いた。夏、灼熱地獄になる鉄板屋根の下で教室が開けるのかと思っていたが、屋根と壁には断熱材を入れ、一階教室部分にはこの大きなエアコンと、小さめのエアコンの二台がギンギン冷やしてくれるはずである。
試運転が楽しみだ。

ある夕刻のこと。書斎での仕事を終えて帰ろうとすると、新しく付いたドアのあたりが、ぼうっと明るい。なんだろうと目をやると、おお、非常口の表示ではないか。

しかももう一ヵ所にも付けてある。

さっきまで作業をしていた電気屋さんが付けて行ったのだ。
シャレで非常口を付けたのかと思ったが、あとで聞くとある人数が集まるところでは消防法で義務付けられているとのこと。

だんだん本物の(こういう言い回しはヘンだが)陶芸教室らしくなってきた。



光あれ!

工房のコンクリートのドテッパラを崩して、ドアをつける日。
朝からコンクリートカッターがすさまじい音を立てた。音だけではない。
粉塵がものすごい。
「しっかりしたコンクリートです」職人さんから、そう言われるのはまんざらではないが、それだけ手ごわいということだ。

なんだか銀行の金庫をねらう地下組織が工事を装って行動を起こした!
ふと、そんな気にさせられる。

それでも数時間後には、ごらんのような鉄筋がむきだしになった。

鉄筋を切って、突入!

ガラスのドアが設置された。内部から見たようすがこれ。

道をへだてた神社の林が見える。北側のドアだが、なかなかいい感じの光が入る。

ふと、セキュリティが心配になる。道は夜間、人通りが少ない。強化ガラスのドアだから割れて侵入されることはないというが、酔っ払いが石をぶつけたくならないとも限らない。対策を考えておかなくては……。



page top
カレンダー
2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
検索
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
copyright(c) hayashi yasuhiko.com
contact